ショップTOPへ  ご利用案内 お客様の声 カートをみる マイページへログイン
RSS
201810cashless1.jpg
headderbanner201808.jpg

ケーブルスロットル・電子スロットル

スロットル分類表

モデル名 ケーブルスロットル車 電子スロットル車
スポーツスター 84年以降全モデル なし
ダイナ 84~17年全モデル FXDLS
ソフテイル 84~15年全モデル(CVO除く) 16年以降全モデルとCVO、Sシリーズ
ツーリング 07年以前全モデル 08年以降全モデル
トライク なし 全モデル
V-ROD 全モデル なし

FP3よくある質問

FP3の通信不良やエラーが起きた際には、まず下記項目に当てはまるかどうかをご確認ください。


先ずご確認いただく事項

・イグニッションONでエンジンが動いていない状態でしょうか
・RUNスイッチはRUNになっていますでしょうか(キルスイッチ)
・バッテリー電圧が12.2V以下になっていませんでしょうか
・インターネット通信の環境は安定していますでしょうか
 ・Bluetoothの通信は安定していますでしょうか またアップデートの確認も行ってください。
 ・OSバージョンが最新版であるか確認してください。
・アプリバージョンが最新版であるか確認してください。
・ファームウェアバージョンが最新版であるか確認してください。
※カスタマーサポートよりご確認ください。

上記の事がすべて問題ない場合には以下の事項をお試しください。

・スマホのリセット
1)アプリをアンインストール
2)スマホの電源を切って2分ほど待つ
3)再度スマホの電源をONにする
4)アプリを再インストール
※アプリをアンインストールしてもデータは失われませんのでご安心ください。

・車両ECMのリセット
 1)車両のメインヒューズを抜き2分ほど待つ (ヒューズが分からない場合にはバッテリー-端子を外してもOKです)
2)再度メインヒューズを取り付ける 上記の作業を行っても症状が改善されない場合にはメーカーサポートに移らせていただきます。 ご不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。 よろしくお願いいたします。

北米マフラー vs スクリーミンイーグルマフラー

>> 車種別マフラーの在庫状況(北米マフラー/スクリーミンイーグルマフラー)
 ・ スポーツスター用マフラーの在庫を見る
 ・ ダイナ用マフラーの在庫を見る
 ・ ソフテイル用マフラーの在庫を見る
 ・ ツーリング用マフラーの在庫を見る
 ・ XR1200用マフラーの在庫を見る
 ・ VRSC用マフラーの在庫を見る

北米マフラーは、アメリカで標準装備されているハーレー純正マフラーです。

憧れのハーレーのオーナーになったものの、ハーレー独特の排気音や、パワー感に物足りなさを感じる方も多いのではないでしょうか?

日本純正のマフラーは、排気口径を小さく絞り、排気の抜けを悪くすることによって厳しい排ガス、音量規制に対応しています。

北米マフラーを装着すると、アイドリング音が力強くなり、気持ち良く吹け上がるようになり、ノーマルのスタイリングを維持したままハーレー本来の乗り味とサウンドをお楽しみいただけるようになります。

また、北米マフラーは当社パインバレーが先駆けてご提案させていただきましたパンチアウト加工を施すことで、更に鼓動感のある上質な重低音を楽しめるばかりでなく、トルク&パワーアップ、燃費の向上を図ることができます。

>> パンチアウト加工について

スクリーミンイーグルは、ハーレーを知り尽くしたエンジニア達が高性能に磨きをかけた、レースシーンで活躍するハーレー純正の高性能パーツのブランドです。

スクリーミンイーグルにはストリートパフォーマンスマフラー(Screamin’Eagleロゴ)とHDスリップオンマフラー(Harley Davidsonロゴ)があり、単に”スクリーミンイーグルマフラー”と言いますと一般的にはストリートパフォーマンスマフラーの事を指すことが多いです。

ストリートパフォーマンスマフラーには、エンド形状の違いでスラッシュダウンとスラッシュアウトがあり、HDスリップオンマフラーにはスラッシュダウンとバロニ―カットがあります。

そこで当社ではHDスリップオンマフラーを”HDロゴマフラー”と称して、スクリーミンイーグル・ストリートパフォーマンスマフラーと区別しています。

HDロゴマフラー・バロニーカットは北米マフラー・XL1200X/Nと全く同じ構造(違いはHDロゴの有無のみ)ですので、もちろんパンチアウト加工も可能です。

ストリートパフォーマンスマフラーは、北米マフラーやHDロゴマフラーとは構造も全然違いますので、音量・音質も違います。北米マフラーに比べ音量は大きく、音質は低音の効いた荒々しい(ワイルドな)感じになります。

スラッシュダウンとスラッシュアウトでは全長の違いも有り少し音質も違い、スラッシュアウトの方が全長が短く若干高音が混ざります。
また、カット面の影響も有り、スラッシュアウトの方が音量も少し大き目に感じます。

ストリートパフォーマンスのワイルドな音質・音量を好まれる方は結構いらっしゃるのですが、音質が”硬た目”で音量も”大き目”なため残念ながら合わない方も少なくありません。

尚、ストリートパフォーマンスマフラーにパンチアウト加工いたしますと、音質が悪くなり異音も混ざる可能性が大きいのでお勧めしていません。

ストリートパフォーマンスマフラーでも物足りないという方は、社外品のマフラーをご選択ください。

>> 社外パーツ アメリカ直輸入のお見積りを致します。

北米マフラー、HDロゴマフラー、スクリーミンイーグル・ストリートパフォーマンスマフラーは、何れもインジェクション車でノーマルロムのままお使いいただく事が可能です。

しかし燃調が薄くなることは確かですので、なるべく燃調をされることをお勧めします。

>> 安く手軽に燃調するには?

”北米マフラー”と”スクリーミンイーグルマフラー”のどちらをご購入されるかを悩まれる方が結構いらっしゃるのですが、「スタイル」を重視されるか、「音」を重視されるかでお決めいただくと良いと思います。

純正のスタイルを崩したくないのであれば”北米マフラー”を、カスタムテイストを出したいのであれば”スクリーミンイーグルマフラー”をお選びいただき、程良いジェントルな音をお好みの場合には”北米マフラー”を、北米マフラーの音量・音質では物足りない場合には”スクリーミンイーグルマフラー”をお選び下さい。

>> 車種別マフラーの在庫状況(北米マフラー/スクリーミンイーグルマフラー)
 ・ スポーツスター用マフラーの在庫を見る
 ・ ダイナ用マフラーの在庫を見る
 ・ ソフテイル用マフラーの在庫を見る
 ・ ツーリング用マフラーの在庫を見る
 ・ XR1200用マフラーの在庫を見る
 ・ VRSC用マフラーの在庫を見る

ページトップへ